<< 0時47分、屋上にて。 | top | いただきます >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

墜落

 

「ねぇ、限界突破ってしたらどうなると思います?」

「何が?何の限界?」

「人間の限界的なソレをですね今日突破しようと思うんですけど。具体的には飛びたいかなと」

「え、あ、うん。行ってらっしゃい」

「いや出来ればあなたにも来てほしいなって思ってるんですけど」

「え、ちょっと無理かな」

「いやいやそんなこと言わずに。人間なんて止めちゃいましょうよ。生きてたっていいこと無いでしょ?」

「いやあるよご飯おいしいもんあったかい布団気持ちいいもん」

「そんなのまやかしですよ?すぐなくなっちゃいますよ?」

「うー、いいんだよ。思い出は残るんだから」

「あー……じゃあいいです。すいませんでした、無茶なこと言って」

「いえいえ。……で、あなたは人間やめちゃうの?」

「あ、はい。やっぱり限界突破してみたいんで」

「そっかぁ、行ってらっしゃい」

「はい、行ってきます」



そう微笑んで、次の瞬間彼は近場の窓から飛び立って。

瞬間浮遊した後、真っ逆様に墜落死。


ぐちゃり、と肉の潰れる音が聞こえたような気がしたけれど、その幻聴は直ぐに風に流れて消えていった。

とりあえず窓の下に居る肉塊と化した彼へと別れの一言。



「……いやいや、限界突破出来てないからね!」



佐々木 | 小ネタ | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 00:00 | - | - | - | - |
Comment









Trackback
URL:

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--