<< ディア マイ シスター | top | 影武者 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

一行ネタ集

 mixiのボイスなどで投稿しているもののまとめ。


///



「私達なんてどうせ人工衛星のように、すれ違っては離れていくだけ。生きた心にはきっと会えない。だったらこんな物終わってしまえばいい。私は誰とも交われない。愛してよ。寂しい、哀しい、寂しい、ねえ」

「宇宙空間ならすれ違うのも道理だけれど、僕らが居るのは地球だろ。扉さえ開けてくれれば、乗り込んで会えるのに」

「だから、ねえ、君の扉を開けてほしいんだ」


----------


「2歳児と同じさ、アレは」顎でしゃくり、彼は続ける。「かけられた毛布が暑いって、はね除けては怒られる子供のようなもんだ。自分が手厚く庇護されていることに気づいてないのさ。――最も、度を越した暑さに抗議出来ないってのも、随分可哀想だけどねえ」


----------


「まったく、馬鹿げてるよ」彼は頭を掻いた。「こんな遠回しにしか表現できない。愛の言葉って言うのは、よっぽど優秀な交通整理員だ」

----------


「アナタって可哀想ね。だってみんなアナタを道具だと思ってるんだもの」
「あたしって可哀想ね。だってあたしも自分を道具だと思ってるんだもの」


----------


「働かずに食う飯は美味いか?」
「母さんの料理なんだから美味いに決まってるだろ。母さんのこと馬鹿にしてんのか?」


----------


「どんなに苦しくてもどんなに辛くてもどんなに痛くても、あなたの笑顔があれば僕はきっと微笑みながら耐えて見せます。たとえこの世界に光が無いと思えるときでもあなたは僕の太陽なのです。あなたの笑顔は光であり、僕の中の神にも等しい存在なのです。だから、笑って。さあ、笑って。お願いします。お願いします。お願いします。どうか僕にその美しい笑顔を見せて下さい。ほら、笑ってください。僕の為に。僕だけの為に」

男は、女の生首を持ち上げると、その苦悶に歪められた唇の両端をナイフで裂いた。いびつな笑顔を形作られた生首を見て、男は心底幸せそうに微笑んだ。


----------


@エセフレーバーテキストモドキシリーズ (カタカナが多い)

わたしは月になりたいのです。「月がきれいですね」とあなたが誰かに愛を囁くときに、わたしを美しいと言ってくれるから。
《悲恋/Tragic Love》†


むかし、わたしの小さな才能の刃は鋭く光っていたものだ――しかし、小さすぎるからと使わずにいるうちに、いつの間にか錆び付いて、僅かな未来も切り開けなくなっていた。
《変容の嘆き/Changes grief》†


///

佐々木 | 小ネタ | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 00:00 | - | - | - | - |
Comment









Trackback
URL:

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--