| top | 墜落 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

理不尽

 「いや、僕はね君とつきあいたいから好きだって言ってるわけじゃあなくて、君が好きだから好きだと言ってるわけですよ。これ重要ね。わかる?OK?」

「うん、わかるけど……好きって言われて、じゃあわたしは何をすればいいの?」

「適当に聞き流してくれるのがベストかな?反応する余裕があるならしてください。全力で拒むとか突き飛ばして逃げるとかわたしも好きだよと言ってからすぐに嘘だよと言ってみるとか」

「なんできみはそんなにネガティブなの……うん、つまり反応すればいいんだよね?」

「まぁそういうことですよね。いや別に反応しなくてもいいですけど。ほら僕童貞ですし正直キモいって言われて終わるのが当たり前だと思ってますし、だからつきあいたいとか言わないわけですけど」

「すてきな考え方だね」

「ありがとうございます。ではもう一度言わせてもらいますが僕は君が好きです」

「キモい」


















「まぁなんとなくわかってましたけどそんなハッキリきっぱり言わなくてもいいんじゃあないですかあなた。漫画の主人公じゃああるまいし」

「だってそう言ってもいいって言ってたから…どう反応すればいいのか正直よくわからないし」

「ああ、そんなことですか。正直なことを言えばいいんですよ」

「正直に……?うん、わかった」

「ではもう一度……僕はあなたが好きです」

「キモい」
佐々木 | 小ネタ | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 00:00 | - | - | - | - |
Comment









Trackback
URL:

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--