スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

ディア マイ シスター

 ――お元気ですか。

突然の手紙に、君はきっと驚くだろうと思います。でも心配しないで。この手紙は、あの人には内緒で書いているから。


君が居なくなってから、もう1ヵ月が経ちました。
私には、それがまだ信じられません。君はずっと私の傍に居て、私もずっと君の傍に居たのに。こんなにもあっさりと、離れ離れになってしまうだなんて。

窓の外を見るたびに、君を思い出します。白いシーツにくるまるたびに、君の笑顔が瞼の裏に浮かびます。雨音が耳を突くたびに、君の優しい声が甦ります。

君と居た日々の記憶を反芻するたび、私は幸せだったなあと思えるのです。
だけど、ずっと引っかかっていることがあります。


君は、私と居て幸せでしたか?


思い返せば、君はいつも私の『身代わり』でした。
あいつが怒り狂い、私に暴力を振るおうとした時は、いつも君が私を助けてくれましたね。それなのに、私はずっと、君がなにも言わずに殴られている様を見ているだけでした。ごめんなさい。ごめんなさい。

私が辛い時には、いつも君が居てくれました。いつも君が、その苦しみを肩代わりしてくれました。
だからこそ私は、君を失った今が一番辛く思えます。
もうあいつに殴られることはないけれど、隣で悲しみを引き受けてくれる君はいない。そして、君が幸せだったかもわからない。

もう一度聞きます。君は、幸せでしたか?

何もかもを頼られ続け、文句も言わずに理不尽な暴力に耐えていて、それどころか私を慰めてさえくれて。

そして、私の勝手で、消してしまった。

……今さらになって思うんです。
私はあの人の言う事を聞く必要があったんでしょうか。君と無理やり離れる必要があったのでしょうか?

あの人に、君といる生活を長く続けていれば、私は壊れてしまうだろうと言われました。だけど私には、そうは思えなかった。
だって私にとって、君と居た日々はあんなにも幸せだったのだから。


……あのね。本当に勝手なことを言うと。
君の存在が私の救いでした。君が私を守ってくれている時は、私は痛くなかった。君が眠ってしまった後はもちろん身体が痛かったけれど、君と共有する痛みだから辛くなかった。

私は、君が大好きでした。今もその気持ちは、全く変わりません。
だから、君とずっと一緒に居たかった。君と直接会うことは出来なかったし、君を抱きしめることも、おやすみのキスをすることも出来なかったけれど、きっと私は君のことを誰よりも愛していました。
君との出会いは、何よりも素晴らしい運命でした。


ああ、巡回の足音が聞こえる。
この手紙が見つかったら、きっとあの人達に没収されてしまうのでしょう。そして私は、また飲みたくもない薬を飲まされて、君のことを忘れてゆく。

だから、今のうちに書きつけておきます。


誰よりもいとしい君。
私の中で、えいえんの眠りに就いた君。

せめて君の眠りが、安らかでありますように。

私がここを出て行く時に、君のことを忘れていませんように。


ごめんなさい。

ありがとう。


おやすみなさい。


君のえいえんの『墓標』より、愛を込めて――私の中で眠る『わたし』へ送ります。


///


ハチ様「恋人のランジェ」より。

佐々木 | 短編(二次) | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

はめつのねがい

 「あら?こんな夜遅くにベランダに出て……何をしてたの?」

「あっ、おかあさん!あのね、おほしさまにね、おねがいしてたの!」

「そうなの?何をお願いしたの?」

「ないしょ!えへへっ」

「あらあら、気になるわねえ」


おかあさん ぼくは ぼくはね。

そのとき せかいの「はめつ」 を ねがったんだ。





ちっちゃいころから、ぼくはずっとイジメられていた。
なんでだろう。イヤなことをイヤ!って言えないのがいけなかったのかな?
ぼくの足がおそいのがいけなかったのかな。

みんなぼくのことを叩くし、みんなぼくのことを「ジャマだ」って言う。わざとぶつかられて、ぼくのせいで転んだって言いつけられて先生におこられたこともある。

ぼくはそこにいるだけだったのに。それはわるいことだったのかなあ。


4年生になっても、ぼくをイジメるやつらはいなくならなかった。
いや、ふえちゃったんだ。叩かれたりはしなかったけれど、それを見ないふりをする人ばかりになっちゃった。
ぼくをムシする人と、ぼくを叩く人のどちらかしかいなくなっちゃったんだ。

でも、おかあさんやおとうさんにはそれが言えなかった。
だっておかあさんとおとうさんは、ぼくのことをおこったりしない。
ううん、もちろん悪いことをしたらおこるけれど、クラスのみんなみたいになにもしてないのにおこったりはしなかった。
おかあさんとおとうさんは、ぼくのことをたくさん心配しているから、これ以上心配させたくなかったんだ。


だから、ぼくはがんばったんだよ。


さとるくんにころばされて服がどろんこになっちゃったときは、「みんなと遊んでて転んじゃったんだ」って言った。
おかあさんは「楽しいのはわかるけど、気をつけなさいね」ってやさしく言ってから、服をあらってくれた。

せいやくんにたたかれてアザができたときは、「ゆうすけくんとケンカしたんだ」って言った。
おとうさんは「仲直りできたのか?」って聞いてきて、ぼくが「うん」って言ったら「よかったな」ってわらって頭をなでてくれた。
おとうさん、最近ずっとつかれてたから、わらってるのを見るのはひさしぶりだったんだ。だから、ぼくはすごくうれしかった。


でも、でもね。

ぼくは、それがくるしかった。
毎日できるアザと、毎日でてくる涙にだれもきづいてくれないこと。

それが、とてもくるしかった。

ぼくは、ともだちがほしかったんだ。
ぼくのことをまもってくれるともだちが。

ぼくがないているのに、きづいてくれるともだちが。


だけど、みんなはぼくのことにきがついてくれない。だから、ぼくはともだちをつくった。
え?だれかって。あのね、わらわないでね。


ぼくのともだちは、おほしさまなんだ。





「きょうはあったかいなあ」

毎日、ぼくはねる前にベランダからおそらを見る。 まっくろのそらにピカピカひかっているおほしさまは、みんなぼくのともだち。
なんでって?おかあさんがね、言ってたんだ。「お星様はね、すごくとおくにいるの。だからみんなひとりぼっちなのよ」って。だけど、みんなぼくたちのことを見ているんだって。
だから、さみしくないようにぼくがともだちになってあげるんだ!

……それに、とおくにいるなら、おほしさまがぼくのことをきらいでもせいやくんやさとるくんたちみたいに、叩きにこれないから。

「あ、ながれぼしだ」

急に、まっしろな線がキラっとひかった。
最近、ながれぼしをいっぱい見るんだ。みんな、ぼくにあいにきてくれてるのかな。

おかあさんに言われたとおり、がんばって3回おねがいごとを言おうとするんだけど、ぼくの口じゃまにあわない。
だから、ぼくは最近ながれぼしにこういうんだ。

「ぼくにあいにきて」

って。

だって、あいにきてくれたらいっしょにあそべるし、なによりいそいで言わなくても、おねがいかなえてくれるもんね。

……ぼくってズルいのかな?





いつもなら、ぼくのおねがいごとはかなわないで、そのままねむっちゃうんだ。
でも、この日はちがった。


ぼくのねがいがはじめてかなった日。

ぼくのせかいがこわれてしまった日。


この日、ぼくはながれぼしに、いつもみたいに「ぼくにあいにきて」っておねがいしたんだ。
なのに、いつもならそのままきえちゃうながれぼしは、すごく近くにふってきた。
もし、あれがぶつかっちゃったら、ちきゅうはどうなっちゃうんだろう?
そう思ってこわくなったぼくの目のまえは、きゅうにまっしろになった。
びっくりして目をつぶって、そしてつぎに目をあけたら、なんとぼくのまえに女の子が立っていた。
女の子は、にっこりわらってこう言った。

「……あいにきたよ」
「えっ」

ぼくはすごくびっくりしたんだ。だけど、どんどんうれしくなった。
きっとこの子は、おほしさまなんだ。ぼくに、あいにきてくれたんだ。


ぼくの、ともだちなんだ。


「きみはおほしさまなの?」
「そうだよ」
「ほんとに?」
「うん」

女の子は、またにっこりわらった。かわいくって、ちょっとドキドキした。
でも、ほんとうにおほしさまなのかな?まだわからないや。

だからそう言ったら、なんと女の子はきゅうにそらに浮かんだんだ!

「わっ」
「うふふふふ」

女の子はふよふよと浮かんで、電線のうえをあるいて、またぼくのとなりにおりてきた。
ぼくははくしゅした。女の子ははずかしそうにわらってから、ぼくにきいた。

「ねえ」
「?」
「ぼく、おれ、うーん……わたし?わたしはね、きみの願いを叶えにきたんだ」
「ほんとう!?」
「きみの願いはなぁに?」
「うんとね……」

きゅうにそんなことを言われると、わからなくなっちゃう。
考えながら、ベランダからぼくの部屋のなかを見たら、きょう見てたビデオが見えた。
ゴジラのビデオ。かっこよくてだいすきなんだ!

……あ、そうだ。

「……かいじゅう!」
「いいよ」

おおきい声で言うと、女の子はわらっておかあさんゆびをピンとのばした。
そしたら、ゆびの先がピカッとひかって、おっきなゴジラが出てきたんだ!

「わああ!すごーい!」
「えへへ……うごかす?」
「うん!」

女の子がゆびをうごかす。それといっしょに、ゴジラがうごきだした。
あるくとじめんがゆれる。ぼくはうれしくっておどりだしたかった。

「もっとかいじゅう!」
「いいよ」

女の子がピンとゆびをのばす。そしたら、つぎはモスラがでてきた。
モスラもすっごくかっこいい!だから、まわりのおうちがこわれていくのは見ないふりをした。

「もっともっとつよーいの!」
「いいよ。でも」
「?」

こうふんしたぼくは、かいじゅうたちの声にまけないくらいおっきな声で言った。
そしたら、それまでずっとわらってた女の子のかおが、ちょっとだけこわくなった。

「それ以上はきみが壊れるよ」
「え?」

女の子の手が、ぼくのほっぺをさわった。

「ねえ、ホントに」
「……ひっ」

女の子のかおが、すごくちかかった。

「い い の ?」

女の子がピンとゆびをのばしたら、ラドンが出てきた。
3びきのかいじゅうは、ぼくのまちをぜんぶこわしていった。

ぼくは、こわくて目のまえがまっくらになった。





「……おきた?」

きがついたら、ぼくはベランダで女の子のひざをまくらにしてねていた。
だけど、まだそらはまっくらだったからそんなに時間はたってないみたい。

まちは、さっきまでとおなじでしずかにねむっていた。
かいじゅうは、ぜんぶいなくなっていた。こわれたおうちも、ぜんぶさっきとおなじ。

キョロキョロしていると、女の子はおかあさんみたいなかおでわらった。

「だいじょうぶ?」
「……うん」
「ね、きみがこわれそうになっちゃったでしょう」
「こわかった……」

なみだがでてきた。ほんとうに、さっきはこわかったんだ。
そしたら、女の子がぼくのことをギュッとだきしめてくれた。
あったかくて、おほしさまだっておもえなかった。

「よしよし」
「ごめんなさい……」
「いいんだよ。わたしは、きみの願いはなんでもかなえるよ」
「どうして、そこまでしてくれるの?」

ふしぎになって、きいてみた。
なんで女の子は、ぼくのことならなんでもきいてくれるんだろう?
でも女の子は、ぼくがそうきいたことのほうがふしぎだったみたい。おっきな目をパチクリさせて、たのしそうに言った。

「だって、きみはわたしの、さいしょでさいごの『トモダチ』だもの!」
「そうおもってくれるの!?」
「うん!だってねえ……わたしは、ずっときみのことを探していたんだよ」
「そうなの?」

女の子は、ちょっとだけさみしそうなかおをした。

「わたしはずっとひとりぼっちだったんだよ。何千年も、何百年も」
「うん……」
「とおくて暗ぁいところにずーっといたの」
「うん」
「さみしかったんだ。だけど、ね」

女の子が、ぼくのほっぺをやさしくつねる。

「きみは、わたしのことをトモダチだとおもってくれた。きみの願いはずっときいていたよ。だから、毎日毎日、すこしずつこの恒星に近寄っていったんだ。それで、今日やっときみにあいに来れた……うれしい」
「ぼくもうれしい!」

女の子の手をギュッとにぎった。ぼくは、いままででいちばんうれしかった!
ぼくがまいにち「あいにきて」ってねがったのはムダじゃなかったんだ。
ぼくのねがいごとは、かなってたんだ!

ぼくはわらった。女の子もわらった。

そして、女の子はぼくにきいたんだ。
ぼくは、それにこたえなければよかったのかな。そうしたら、ぼくのせかいはこわれちゃわなかったんだろう。

でも、ぼくはこたえたんだ。

「ねえ」
「なあに?」
「おしえてよ。さっきのかいじゅうは、きみのほんとうの願いじゃないんでしょう?」
「……うん」
「きみは、ほんとはどうしたいの?」
「……」
「ほんとは、なにがしたかったの?」
「……」
「きみが、こころから想うほんとうの願いは な ぁ に ?」

女の子が、またぼくのほっぺを手ではさんだ。女の子のまっくろな目は、うちゅうみたいだった。


……ぼくはなにがしたかったんだろう。


ゲームがほしかったんだっけ?
テストで100点をとりたかったんだっけ?
足がはやくなりたかったんだっけ?
イヤなことに、イヤ!って言えるようになりたかったんだっけ?

ぼくがしたかったのは……。

そうだ、ぼくがしたかったのは。


ぼくをイジメるやつらを、みんな消しちゃいたかったんだ。


「……ぼくは」
「うん」
「ぼくは……ずっと、ぼくをまもってくれるトモダチがほしかったんだ……」
「そうなの?」
「うん……。せいやくんも、さとるくんも、みないフリをするみんなも、きづいてくれないおとうさんとおかあさんも、みんなだいきらい」
「そっか。つらかったんだね。だいじょうぶ、わたしがきみの、トモダチだよ。でも、それだけでいいの?」

なきそうになりながら言ったら、女の子はぼくをまたギュッとだきしめてくれた。あったかくて、うれしかった。
だから、ぼくにはそれだけでよかったんだ。あんなこと、いわなければよかったんだ。

なのに、女の子がぼくをギュッてしてくれたとき、さとるくんにつねられたアザがすごくいたかった。
それでぼくは、言っちゃったんだ。

「ぼくは、ぼくをイジメるやつらを、ぼくをムシするやつらを、ぼくにきづいてくれないやつらを……みんな消しちゃいたいんだ……」
「そっか……」

ぼくの目からポロポロなみだが落ちた。
かわりに、女の子はすごくうれしそうだった。ぼくの目をじっと見て、にっこりわらって、言ったんだ。

「い い よ」

ちっちゃい声だった。
だけど、すっごくおおきくきこえた。





それからは、あんまりおぼえてない。

女の子のスカートのしたから、ふしぎなものが生えてきた。ポケモンの……フシギダネとかの「ツル」ににてた。

それから、女の子はふよふようかんだ。

「きゃはははははははははははははははははははははははははは!!!!」

わらってた。ぼくのことをだっこして、女の子はずっとわらってた。

「きゃははははははははははあははははははははははははははは!!!!」

女の子がゆびをピンとのばした。かいじゅうがでてきた。

「あははははははははははははははははははははははははははははははは」

女の子がゆびをピンとのばした。すごいカミナリが落ちた。雨がざあざあふってきたけど、ぼくたちはちっともぬれなかった。

「きゃはははははははははははははははははははははははははははははは」

こんなにずっとわらってて、つかれないのかなっておもった。

「きゃはははははははははははははははははははははははははははははは」

したのほうに、おかあさんとおとうさんがみえた。

「きゃはははははははははははははははははははははははははははははは」

ヒュンっておおきな石が落ちてきて、おかあさんのあたまがわれた。のうみそがみえた。おかあさんののうみそはまっしろだ。

「きゃはははははははははははははははははははははははははははははは」

こんらんしたけいさつのひとに叩かれて、おとうさんのアゴがなくなった。べろがみえた。まっかだった。すごくしょっぱいんだろうなあっておもった。

「きゃはははははははははははははははははははははははははははははは」

おそらはまっくらだった。

「きゃはははははははははははははははははははははははははははははは」

女の子のはだはまっしろだった。

「きゃはははははははははははははははははははははははははははははは」

ちきゅうはまっかになってた。

「きゃはははははははははははははははははははははははははははははは」

せかいは、どんどんこわれていった。

「きゃはははははははははははははははははははははははははははははは」

せかいは、どんどんこわれていった。

「きゃはははははははははははははははははははははははははははははは」

ぼくは、ずっとないていた。





おかあさん、おとうさん、ごめんね。

ぼくがあんなおねがいごとをしなかったらよかったんだ。

ぼくが、ちゃんとイジメられてるっていえばよかったんだ。

せいやくんも、さとるくんも。

ぼくはほんとうは、なかよくしたかったんだよ。

だってふたりとも、ぼくをイジメてないときは、すごくおもしろかったから。

ぼくをムシしてたクラスの子だって、しかたなかったんだ。

ぼくががまんしてればよかったんだ。

ぼくが。

ぼくが。

ぼくが……。





「ねえ」

「?」

「ぼくのおねがいごと、もうひとつかなえて」

「なぁに?」

「ぼくを、もう、ゆるしてください」

女の子は、ずっとぼくのことをだっこしている。
ぼくは、なきそうな声でいった。女の子はこたえた。


「 だ め 」



///


生腺侏諭屬呂瓩弔里佑い」より。
佐々木 | 短編(二次) | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
1/1PAGES | |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--